寒中はがき

日本の慣習の一つで、小寒(1月5日頃)から立春(2月4日頃)までの寒中に行うお見舞いのことです。12月半ば以降にご不幸があった場合は喪中はがきではなく年明けに寒中見舞いとして差し出すのがよいでしょう。
※現在お使いのブラウザでは画像が表示されませんので、ご注意ください。

タニシ年賀ショップを快適に使うために、以下のブラウザでのご利用を推奨致します。
【Internet Explorer9.0以上、Google Chrome 最新版、Firefox 最新版】